付属品の有無で全く異なるブランデーの価値



ブランデーの買取金額を大幅にアップさせるには、付属品を残しておくことが欠かせません。
必須条件と言ってもいいでしょう。
なので、ブランデーを持っている人は、付属品は絶対に捨てないようにしてください。
今それを売るつもりがなくても、今後売りたいと思うかもしれませんよ?
そのときに付属品がなかったら大変です。

ブランデーの付属品には、例えばがあります。
高級なブランデーは品質の高いボックスに入れられていることが多く、お酒買取りに出すときには、それ込みで査定額が算出されます。
箱の状態も査定額に影響しますから、ただ保管しておくだけではなくて、ちゃんと綺麗な状態でとっておくようにしましょう。

そして、替栓もとても大事な付属品の一つですね。
これも高級なブランデーによく見られますが、もともとはまっていたコルクなどの栓を抜いた後、ボトルのデザインとマッチしたガラス製の栓をつけて保管しておくととても美しいデザインになるんですけど、このときにつけるガラス製の栓が替栓と呼ばれるもの。

もちろん、栓は未開封で替栓も未使用の状態のものが一番買取価格が高くなります。
この替えの栓は本体やボックスと比べて無くしやすいので、特に気を付けて保管しておきましょう。

付属品として挙げられるその他のものには、布の袋保証書(ギャランティカード)冊子などがありますね。
全て揃った状態だと買取額が倍以上になることも珍しくありません。
ブランデーとは、そういうお酒なんです。

  なぜ付属品ありだと価格が高騰するのか



全ての付属品が揃っていれば買取額が倍以上になることもあると聞けば、それらが揃っているか否かが俄然気になるところでしょう。
必死に押し入れや倉庫などを探す人もいるかもしれません。
でも、なんでボックスや替えの栓、保証書などがあるだけで、それほどまでに価値が変わってくるのでしょうか。

それは、コレクターがいるからです。
お酒は飲んで楽しむだけのものではありません。
見て楽しむ人もいるんですね。
特にブランデーはそうやって楽しむ人が多く、コレクターの人にとっては、本来あるはずのものが何か1つでも欠けていれば、その時点で価値がなくなってしまうんです。
そもそも、完品を手に入れたいと考えるのはほぼコレクターだけ。
こうした人たちは、いいものには大金を出しますから、だからお酒買取り価格にも多大な影響を及ぼすんですね。

そうは言っても、ブランデーはボトルだけでも買い取ってくれる業者が多いですから、付属品がないくらいで価値がゼロになることはありませんのでご安心を。
「もともと付いているものは捨てないこと!」これを守れば、いざお酒買取り業者に売ろうと思ったときに価格交渉などもしやすくなりますから、傷ついたり劣化したりしないよう大事に保管しておいてください。